韓国郵政、官民提携でブロックチェーン決済システム構築へ|仮想通貨取引所コインプラグなどと連携

韓国の郵便事業統括機関である郵政事業本部は、民間企業と提携してブロックチェーン技術を活用した決済システムを構築する。ニュース1コリアが6月5日に報じた

民間企業には韓国拠点の仮想通貨取引所コインプラグとグローバルIT会社NHNなどが含まれる。同国当局は、同プロジェクト参加企業らに8億ウォン(約7300万円)を補助するとしている。

韓国科学技術情報通信部のもとに運営される予定で、コインプラグのブロックチェーン専門家やNHNの決済技術を活用して同郵便サービスに組み込むブロックチェーン基盤の決済方法を構築するとしている。ソウルから移設する公的機関も多い「イノベーティブシティ」羅州市でテストプロジェクトが公開される予定。

同郵便サービスは、海外送金においてもブロックチェーン技術の活用を検討しているという。

コインプラグは2013年6月に設立。ビットコイン取引やウォレットサービス、ビットコインのプリペイドカードokBitcardなどを展開している。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版