シンガポール首相、国立銀行がブロックチェーン技術を採用する可能性もあると発言

 UOB(United Overseas Bank)の80周年記念ディナーの席で、シンガポール首相であるLee Hsien Loong氏が、ビットコインやブロックチェーン・テクノロジーによって銀行業界に変革がもたらされるだろうと言及している。シンガポールはアジアにおける重要な経済的中心地であり、氏によるこの声明は、国内における非中央集権型のテクノロジーの輝かしい未来を示唆している。

 

シンガポール国内の銀行は、ブロックチェーン技術の発展などにより常に時代に追いついていく必要がある

 10分間のスピーチにおいて、同氏は銀行業界におけるブロックチェーンの応用技術について次のように言及している。

“昨今の技術の発展は大変目まぐるしく、伝統的な銀行システムに対抗する新しいビジネスモデルが次々と登場し、動作環境はますます複雑の一途をたどっています。例えば、スマートフォンを使った支払いです。税金の支払いなども可能ですし、映画のチケット購入、オンライン上での買い物、送金、レストランや店にいながらのグッズ購入と、増々多くの人々がそういったサービスを利用しています。―中略―しかもそれは顧客の側に立ったフィナンシャル・サービスとして成立しているのです。ビットコインに使われているブロックチェーンのようなテクノロジーなどもありますが、他にも様々な応用が利きます。―中略―そして、わが国の銀行もこういった発展的技術を応用して、常に時代に追いついていく必要があります。”

 

シンガポール政府は暗号技術に対する姿勢をわずかながらに変えた

 今日にいたるまでシンガポール政府は暗号通貨の価値を一切認知したことがなかった。2014年2月21日、シンガポール金融管理庁(MAS)は、当問題に関する議会の質問に対して答え、個人の仮想通貨の仕様に対して次のように警告した。

“MASは現在ビットコインを規制していません。しかし、MASによって発行された法定通貨ではありませんし、証券先物法下において、セキュリティ面が考慮されていません。” と、副首相兼、MAS担当大臣であるTharman Shanmugaratnam氏は述べた。

氏は加えてこうも述べる。”しかしビットコインにはリスクがないというわけではありません。MASはシンガポール人に対してそういった危険性について警鐘を鳴らしました。政府によって発行されたシンガポールドルのような法定通貨とは違い、個人や企業が仮想通貨を容認しなければならないという法的責務は存在しません。ビットコインのような仮想通貨は一般的に、識別可能な組織からの支援はありません。最終的には、仮想通貨を採用しないか、スキームの運用事態を辞めてしまうべきでしょう。トラブルなどによってユーザーに返金されない可能性がありますから。”

ビットコインや他の暗号通貨は依然として法定通貨としては認められていないが、シンガポール政府のビットコインテクノロジーに対する姿勢は、たった10か月で明らかに様変わりしたようである。

 UOB(United Overseas Bank)の80周年記念ディナーの席で、シンガポール首相であるLee Hsien Loong氏が、ビットコインやブロックチェーン・テクノロジーによって銀行業界に変革がもたらされるだろうと言及している。シンガポールはアジアにおける重要な経済的中心地であり、氏によるこの声明は、国内における非中央集権型のテクノロジーの輝かしい未来を示唆している。

 

シンガポール国内の銀行は、ブロックチェーン技術の発展などにより常に時代に追いついていく必要がある

 10分間のスピーチにおいて、同氏は銀行業界におけるブロックチェーンの応用技術について次のように言及している。

 

“昨今の技術の発展は大変目まぐるしく、伝統的な銀行システムに対抗する新しいビジネスモデルが次々と登場し、動作環境はますます複雑の一途をたどっています。例えば、スマートフォンを使った支払いです。税金の支払いなども可能ですし、映画のチケット購入、オンライン上での買い物、送金、レストランや店にいながらのグッズ購入と、増々多くの人々がそういったサービスを利用しています。―中略―しかもそれは顧客の側に立ったフィナンシャル・サービスとして成立しているのです。ビットコインに使われているブロックチェーンのようなテクノロジーなどもありますが、他にも様々な応用が利きます。―中略―そして、わが国の銀行もこういった発展的技術を応用して、常に時代に追いついていく必要があります。”

 

 

シンガポール政府は暗号技術に対する姿勢をわずかながらに変えた

 今日にいたるまでシンガポール政府は暗号通貨の価値を一切認知したことがなかった。2014年2月21日、シンガポール金融管理庁(MAS)は、当問題に関する議会の質問に対して答え、個人の仮想通貨の仕様に対して次のように警告した。

“MASは現在ビットコインを規制していません。しかし、MASによって発行された法定通貨ではありませんし、証券先物法下において、セキュリティ面が考慮されていません。” と、副首相兼、MAS担当大臣であるTharman Shanmugaratnam氏は述べた。

氏は加えてこうも述べる。”しかしビットコインにはリスクがないというわけではありません。MASはシンガポール人に対してそういった危険性について警鐘を鳴らしました。政府によって発行されたシンガポールドルのような法定通貨とは違い、個人や企業が仮想通貨を容認しなければならないという法的責務は存在しません。ビットコインのような仮想通貨は一般的に、識別可能な組織からの支援はありません。最終的には、仮想通貨を採用しないか、スキームの運用事態を辞めてしまうべきでしょう。トラブルなどによってユーザーに返金されない可能性がありますから。”

ビットコインや他の暗号通貨は依然として法定通貨としては認められていないが、シンガポール政府のビットコインテクノロジーに対する姿勢は、たった10か月で明らかに様変わりしたようである。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー