シンガポール 仮想通貨規制強化の可能性

 シンガポールの中央銀行が仮想通貨規制を検討している。これまでの非干渉的な態度を改める可能性がある。ロイター通信が1日に伝えた

 シンガポール金融管理局(MAS)のオン・チョン・ティー副マネージングディレクターは「投資家保護のために追加の規制が必要か検討している」と、新たな仮想通貨規制の可能性に言及した。

 ターマン・シャンムガラトナム副首相は先月、国会で「仮想通貨の普及が金融セクターや経済にもたらす系統立ったリスクの懸念は無い」と述べており、MASの今回の発言と対照的だった。同副首相はビットコインや関連資産に対し「注意深い観察」を続けると話していたものの、近い将来の規制については言及していなかった。

 コインテレグラフは先週、シンガポールは依然としてブロックチェーンや仮想通貨分野のビジネスに対し最も寛容な環境の1つと伝えた。

 シンガポール政府の方針は各国の政府から支持を受けてきた。カザフスタンの国会議員たちは、シンガポールのブロックチェーンに対する方針に関し「この都市国家の先例に倣いたい」と公に発表していた。

  • フォローはこちら: