米規制当局SECトップ、仮想通貨とブロックチェーンの未来に「楽観的」 | 違法行為には厳正対処も【ニュース】

米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長は、仮想通貨などのデジタル資産規制について「前向きなアプローチ」を取っていくと宣言した。クレイントン委員長が10日、米議会上院の銀行委員会で発言した

クレイトン氏は、上院銀行委員会の中で、SECがデジタル資産と分散型台帳技術に大きな関心を持ち、多大なリソースを注いでいると証言。その上でブロックチェーン技術の可能性を強調した。

「以前から述べているように、分散型台帳技術について楽観的だ。DLTの発展は資本形成を促進し、機関投資家やメインストリームの投資家の両方に有望な投資機会を提供できる」

さらに、クレイトン氏は、デジタル資産とブロックチェーン分野について、前向きな規制アプローチを取っていく考えを示した。

「投資家と市場を保護しながら、イノベーションと資本形成の両方を促進する、慎重かつ前向きな規制アプローチを採用していく」

投資家保護のため取締りも強化

その一方で、個人投資家を保護するため、仮想通貨関連の詐欺に対しては精力的に取り締まっていくと強調。被害を受けた個人投資家に対して、迅速に資金を返還するように尽力すると強調した。

証言の中では、テレグラムのICO摘発の事例にも触れ、「これらの行動は証券法に違反するデジタル資産に関連する違法行為を行うものに対して、必要に応じて取締りを行う委員会のコミットメントを反映したものだ」と語った。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン