ロシアの"オフショアゾーン(免税対象の地域)" 仮想通貨も対象に

ロシアが取り組む「オフショアゾーン(免税対象の地域)」の対象に仮想通貨が含まれることになる。ロシアのタス通信は3月1日に報じた

ロシア経済開発省は、企業が合法的に税金を免除され、規制がより緩やかな場所であるオフショアゾーン開発に取り組んでいる。この規制の対象は、デジタル資産や海運が対象。オフショアゾーン開発に向けた第3の施策だという。

ロシア経済開発副大臣イリヤ・トロソフ氏は、デジタル資産の特別規制には仮想通貨も含まれるとタス通信に述べた。規制実行のためにかかる期間に未定だという。

2019年2月末に、プーチン大統領は政府に対し、2019年7月1日までに仮想通貨関連の連邦法を施行するよう命じ

翻訳者 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。
原文 Russia to Introduce Special Crypto Regulations for ‘Russian Offshores’