ビットコインキャッシュを担保に融資、フィンテック・スタートアップが提供

 ビットコイン・ドットコムのロジャー・バーCEOとメイト・トーカイCOOは、フィンテックのスタートアップ企業、マネートークンの顧問に就任した。マネートークンがプレスリリースで伝えた。共同プレスリリースによれば、マネートークンとビットコイン・ドットコムの提携により、マネートークンの融資プラットホーム上で、担保としてBCHが使えるようになる。これにより、ビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティーに新たなメリットをもたらす可能性がある。

 ビットコイン・ドットコムによれば、ロジャー・バー氏はビットコインキャッシュの支持者である。また、2011年という早い時期から、リップル、ブロックチェーン・ドットインフォ、ビットペイ、クラーケンなどの仮想通貨関連スタートアップ企業に投資してきた同氏は、仮想通貨コミュニティーの主要なインフルエンサーの1人でもある。バー氏の会社であるメモリーディーラーズ社は、サービスの決済にビットコインを受け入れた、世界初の企業になった。

 マネートークンの発表で伝えられる通り、メイト・トーカイ氏は13年以来、マイナーとして仮想通貨ビジネスに携わってきた。トーカイ氏は仮想通貨ニュースマガジンのビットコイニスト・ドットネットを共同創業し、現在はビットコイン関連のニュース・情報ソースとして最も人気のあるサイトの1つ、ビットコイン・ドットコムでCOOを務めている。

 マネートークンは、仮想通貨に裏付けられた融資プラットホームで、仮想通貨保有者に対し融資を提供する。中心となるアイデアは、仮想通貨を保有する借り手が、仮想通貨を担保として預託することも、新たなイニシャルコインオファリング(ICO)への投資や、取引所での取引に使うことも、同時にできるというものだ。

力を結集

 「マネートークンはブロックチェーン技術を本当の意味で活用した優れた事例であり、全ての市場参加者、中でも特に企業は、市場での仮想通貨の流動性を大幅に上げることができる」と、ロジャー・バー氏は、マネートークンとの提携について語った。

 顧問にビットコイン・ドットコム社の経営幹部を迎え、マネートークンは新たなチャンスの機会を得た。「ビットコインキャッシュの保有者が、マネートークンの提供するメリットを享受できるようになった。仮想通貨のポジションを保持したまま、その資産を活用して、現金を使うことができる」と、プレスリリースでは述べている。

 「ビットコインキャッシュ・コミュニティーは、仮想通貨の世界において強い力を持つ、並ぶもののない勢力である。ビットコインキャッシュへの対応を追加し、潜在的なトークン購入者や将来の貸し手・借り手が、BCHでサービスを利用できるようにするだけで、すべてのユーザーにとって商品としてのマネートークンの価値が増す」と、マネートークンのジェローム・マクギリヴレイ共同創業者はコメントした。

フィンテック ユーザーの心を掴む

 マイナー、トークンセールを実施するプロジェクト、トレーダー、投資家、及び取引所をターゲットとするマネートークン・プラットホームは、仮想通貨の保有者が仮想通貨を担保として使い、融資をベースとした金融サービスを利用できるようにする。

 マネートークンのビジネスモデルは、次のような仕組みになっている。ユーザーはビットコイン、イーサー、その他のコインをマネートークンに預託し、代わりに融資を受ける。調達した資金は、米ドルや仮想通貨への投資に使うことができる。

 マネートークンは18年5月2日に、20%のボーナス付きでトークンのパブリック プレセールを開始した。クラウドセール キャンペーンは、18年6月6日まで続けられる。調達額は現在までにソフトキャップ目標を超えており、ほぼ1000万ドルに達している。ハードキャップは4150万ドルに設定されている。

免責事項 :コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資のアドバイスではない。