仮想通貨はテロの資金調達に適していない=レポート

 民主主義防御のための財団(FDD)の制裁と不法ファイナンス(CSIF)センターが7日発表した新しい報告書によると、デジタル通貨はテロ集団の資金調達には適していない。

 この報告書は、CSIF理事長のヤヤ・ファナシー氏が、米国下院議員テロリズム・不法財政小委員会の聴聞会で発表した。ファナシー氏は演説中に、テロ組織が資金を調達するために仮想通貨を使用したいくつかのケースを検討した。

 この研究では、ガザ地区で2016年に実施された「最初の」テロ資金調達キャンペーン「Jahezona」がブロックチェーン上で公開されていると述べている。資金調達キャンペーンは、Mujahideen Shura Councilと呼ばれるジハードのグループによって管理され、戦闘員1人につき2500ドルを調達し、ビットコイン(BTC)での支払いオプションを提供することを目指していた。このグループは、ビットコインで500ドル強を調達したと伝えられている。

 さらに、ユーザーの匿名の取引を一般に閲覧できるようにする、デジタル通貨の分散型特徴は、テロリストが取引を隠すをを困難にしている。ファナシー氏は、Jahezonaのブロックチェーントランザクションを分析することによって、取引が行われた取引所を特定することができたと説明している。現在は廃止されているBTC-e取引所で、マネーロンダリングを促進する取引所と言われていた。 

 もう一つの例は、シリアの過激派グループ、Malhama Tacticalと呼ばれ、ツイッターで資金を調達しようとしていた例だ。このグループは、ロシア軍に勤務したウズベキスタン人によって設立された。このキャンペーンでの調達した資金に含まれていたのは、わずか100ドル相当のBTCだったと伝えられている。

 ファナシー氏はさらに、テロリストが大量の仮想通貨を管理するには、「サイバーセキュリティへの精通」などの特定のスキルが不足していると説明した。同氏は、価格変動とハッカーに対する脆弱性が、一般市民と世界のジハードにおける仮想通貨の使用を抑制していると付け加えた。

 同氏は、議員たちは、仮想通貨を不正行為の支払い方法と認識しているが、テロリストには現時点では最適のツールではないと指摘。基本的な技術インフラに欠けている領域では、現金で商品を購入した方が匿名性が高く、物品の購入には現金を利用する必要があると述べた。同氏は、テロリストのデジタル通貨の使用方法は、一般の人々を反映していると話した。

「しかし、仮想通貨とブロックチェーン技術は本質的に不正ではなく、恐れてはならない。ほとんどの技術革新と同様に、ユーザーによって良くも悪くも利用される。我々に敵対する国家や非国家の両方が、利益を高めるためにブロックチェーンベースのツールを構築している。米国はこの技術に対応し、進化する金融エコシステムから生まれる新たなリスクに対処しなければならない」