【速報】楽天ウォレット 仮想通貨取引サービス開始は6月| 夏にかけて大手が一斉に動き出す

仮想通貨取引所の楽天ウォレット(旧みんなのビットコイン)は29日、6月より仮想通貨取引サービスを開始する発表した。楽天ウォレットは25日、日本の大手企業19社が出資するディーカレットとともに金融庁に仮想通貨交換業者として登録されたばかりだ。

新規口座開設の申し込み受付は4月15日に開始する。顧客からの預かり資産は、オフライン管理のコールドストレージで原則行うという。

大手企業 一斉に動き出す

最近、日本の仮想通貨業界は盛り上がりを見せている。とりわけ目立つのは大手企業による仮想通貨サービスの開始だ。

  • 4月16日 大手19社出資のディーカレット 仮想通貨取引開始(3月27日申し込み開始)
  • 5月上旬 マネーパートナーズ       仮想通貨交換業を専業とする100%出資の子会社を設立
  • 5月   ヤフー出資のTaoTao                  仮想通貨取引開始(3月25日申し込み開始)
  • 6月   楽天ウォレット         仮想通貨取引開始(4月15日申し込み開始)

弱気相場に突入して久しい仮想通貨市場。大手企業の相次ぐ参入が、復活に向けたきっかけになるか注目だ。