リップル対R3訴訟、ニューヨークで決着へ

 リップル決済システム開発のリップル・ラボ社は、分散型台帳の技術開発企業R3社との契約を巡る係争で、地元カリフォルニア州の控訴裁判所に、控訴申立てを退けられたことが分かった。両社による訴訟合戦の最終決定は、ニューヨーク州の裁判所が行う。ブルームバーグが13日に伝えた

 リップルはR3社に対する提訴を棄却された後、サンフランシスコ控訴裁判所に控訴を申立てたが、退けられた。この決定の前には、デラウェア州の裁判所が17年10月、R3の訴えを棄却する口頭判決を下している。

 R3コンソーシアムは17年9月、リップルのデジタル通貨XRP購入についての事前合意に、リップルが違反したとして、デラウェア州とニューヨーク州で提訴した。契約では、R3社に対し、19年末まで最大50億XRPトークンを、1トークンにつき0.0085ドルで購入を認めるオプションが含まれていた。

 リップルはその後、R3社が契約に関する多くの誓約を破ったとして、カリフォルニア州で反訴した。

 2社が互いに訴訟を起こした頃、契約価値は100万ドル強だった。数カ月間の訴訟手続きの後にXRPの価格は急騰し、問題の50億XRPは、現在38億5000万ドルとなっている。

  • フォローはこちら: