18年1月6日チャート分析・ビットコイン、イーサ、リップル、ビットコインキャッシュ、IOTA、ライトコイン、NEM、カルダノ

ここに述べられている見解や意見は、あくまで筆者/寄稿者のものであり、必ずしもコインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンの見解を反映するものではありません。あらゆる投資や売買の動きはリスクを伴います。意志決定の際には、ご自身でリサーチをお願いいたします。

 仮想通貨市場全体の時価総額が92兆円となり、100兆に迫ってきた。

 これまでボラティリティを理由にビットコインを避けてきた機関投資家も参入の糸口を探っているようだ。例えばディレクションアセットマネジメントはレバレッジをかけたビットコインのインバースファンドを立ち上げようとしている。インバースファンドは価格の下落に対して賭けるものだ。ただし米証券取引委員会がそのようなファンドを承認するかどうかは今のところ疑問だ。

 いずれにせよビットコインETFが認可されると市場がさらに広がるだろう。

BTC/USD ビットコイン/ドル

 前回、15500ドルで新規買いポジションをつくることを提案した。1月5日このレベルに達したので買いとなった。その後レジスタンスのある16500ドルを突破し17083.67ドルまで上昇。ここでは多少の売りが出た。

BTC/USD

 反落気Ø