BTC/USD

ビットコイン(BTC)は5月25日に8,638ドルから反発した。これは前向きなサインだ。強気派がより深い調整を待つことなく買いを入れているからだ。.  

 出典: Tradingview

BTCは対称トライアングルを形成しており、通常これは継続パターンとして機能する。つまり、ブレイクアウトはこのパターンが発達する前の方向で起こるだろう。

この場合、BTCは安値から急上昇しているため、トライアングルの上方向のブレイクになる可能性が高い。ただし、これが絶対ではない。したがって、トレーダーはあらゆる事態に備える必要がある。

トライアングルの上方向のブレイクならば、ターゲットは11,828ドルとなるため、非常にポジティブだ。ただし、トレーダーは10,500ドルのレベルに注意する必要がある。ここは弱気派が死守しようとする可能性が高いからだ。

BTCがトライアングルの下方向にブレイクした場合、弱気シナリオとなる。この場合、ターゲットは6,752.ドルとなる可能性がある。

ETH/USD

イーサ(ETH)は5月26日に下降トレンドラインを下抜けたが、弱気派はこれを活かすことができなかった。これは強気派が買いを入れたことを示唆している。強気派は今、下降トレンドラインを超えて価格を押し上げようとするだろう。

出典: Tradingview

これに成功した場合、ETHは強気の逆ヘッド&ショルダーパターンを完了する。この場合、ターゲットは257ドルだ。弱気派は227.097ドルのレベルを防衛しようとするだろうが、ここを突破できるだろう。

したがって、下降トレンドラインを上回ってUTC時間で終値を付けたら、トレーダーに買いの機会を提供するだろう。

この強気の見方は、ETHが下降トレンドラインから反落し、191.692ドルを下回った場合には無効となる。このサポートを下抜けた場合、176.112ドルまで下落する恐れがある。

XRP/USD

5月25日に反発し、強気派は現在、XRPを移動平均線と下降トレンドラインを上抜けさせようとしている。これに成功した場合、0.22504ドル、さらに0.23612ドルへの上昇が見込まれる。

出典: Tradingview

現在、2つの移動平均線はフラットであり、相対力指数(RSI)も中間点をわずかに下回っている。これは強気派と弱気派との力が拮抗していることを示唆する。

XRPが移動平均線もしくは下降トレンドラインから反落した場合、買い手がより高値では不足していることを示唆する。その場合、弱気派は再び0.17372ドル以下へ引き下げようと試みるだろう。これにせいこうした場合、XRPはネガティブになる可能性がある。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は217.55~255.46ドルの狭いレンジで取引されている。強気派は5月25日にこのレンジのサポートへの下落で買いを入れ、現在、移動平均線を超えようと試みている。

出典: Tradingview

これに成功した場合、255.46ドル、さらに280.47ドルへの上昇も可能だ。したがって、以前の分析で提示された提案に基づいて購入したトレーダーは、ストップロスを217ドル以下に保ち、価格が上昇するにつれてストップロスを引き上げることができる。

BCHは移動平均線から反落し、217.55ドルを下回ると、この見方は無効となる。この場合には200ドルまで下落する恐れがある。

LTC/USD

弱気派はライトコイン(LTC)を39ドルの重要なサポートまで引き下げることができなかった。これは、より安値では売りが不足していることを示唆している。強気派は価格を移動平均線まで押し上げようとしている。

出典: Tradingview

成功した場合、下降トレンドラインまで上昇し、50.7864ドルを超える可能性がある。このような動きは、ヘッド&ショルダーパターンを無効にするだろう。

LTCは50.7864~52.2803ドルのレジスタスを突破すれば、さらに勢いを得ることができるだろう。

逆に、LTCが下降トレンドラインから再び反落した場合、39ドルを下回る可能性がある。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。