BTC/USD

ビットコイン(BTC)は4月23日~25日の間、7,500ドル近くに留まっていた。ポジティブな面は、強気派が7,454.17ドルを維持したことだ。

出典: Tradingview

これにより、4月26日に買いが集まり、BTCが回復するのに役立った。しかし、強気派は価格を当面の目標である8,000ドルに押し上げるのに苦戦している。

足元での回復は緩やかで、断続的に保ち合いとなる期間がいくつかある。レジスタンスレベルを上回った後でも、BTCは勢いを取り戻すことができなかった。これは強気派側での自信の欠如の表れだろう。

トレンドが弱いときには、不利なニュースによる影響も受けやすいものだ。弱気派が7,454.17ドル以下に価格を引き下げた場合、20間移動平均線(7,190ドル)まで下落する恐れがある。

強気派が7,454.17ドルを死守できた場合、強気派は8,000~8,175.49ドルのレジスタンスゾーンを突破しようと試みるだろう。このゾーンを突破できれば、BTCは9,200ドルまで上昇することも可能だろう。

逆に、弱気派が20日間EMAを下抜けさせてしまえば、50日間移動平均線(6,471.71ドル)まで下落する恐れがある。6,471.71ドルを下抜けてしまえば、トレンドはネガティブに転じるだろう。

ロングポジションの50%のストップロスを7,000ドルにすることができる。残りは6,450ドルだ。これにより、リスクを減らす、利益を保護することにつながるだろう。

ETH/USD

イーサ(ETH)は4月26日に200ドルの心理的なレジスタンスに近づいたが、それを上回って、207ドルで位置する上昇チャネルのレジスタンスに到達することができなかった。これは、弱気派が200~207ドルのレジスタンスゾーンを積極的に守っていることを示している。

出典: Tradingview

弱気派はETHを20日間EMA(175.7ドル)に引き下げ、さらに上昇チャネルのサポートラインまで引き下げようとするだろう。20日間EMAは上昇しており、相対力指数(RSI)はポジティブの領域にある。これは強気派が優位であることを示唆している。

強気派が20日間EMAもしくは上昇チャネルへの反落時に買いを入れた場合、ETHはチャネル内で上昇を続けるだろう。ETHは、チャネルを上抜けることができた場合、勢いを取り戻す。したがって、ロングポジションのストップロスを160ドルまで引き上げることができる。

XRP/USD

XRPは過去4日間、20日間EMA(0.189ドル)を上回って取引されていたが、強気派は価格を0.17372~0.20570ドルのレンジまで引き上げることができなかった。これは、強気派が上昇トレンドに確信が持てず、買い急ぐ必要がないと見ていることを示唆している。

出典: Tradingview

XRPが20日間EMAを下抜けた場合、レンジの下限である0.17372ドルまで下落する可能性がある。こうなれば、トレンドは弱気派に有利となってしまう。したがって、ロングポジションのストップロスは0.170ドルで維持しておこう。

逆に、20日間EMA付近から反発することができれば、新たな買いを集める可能性がある。強気派が価格を0.20570ドル以上に引き上げることができた場合、新しい上昇トレンドが見込まれる。最初の目標は0.25ドルだ。そこを突破できれば、下降トレンドラインがある0.28ドルだ。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は過去4日間、250ドルの直上のレジスタンスを突破しようとしている。しかし弱気派は積極的にこのレジスタンスを守っている。現在、BCHは20日間EMA(234.69ドル)以上を維持しようとしている。

出典: Tradingview

BCHが20日間EMAから反発した場合、強気派はもう1度、250ドル以上にBCHを引き上げようとするだろう。これに成功した場合、280.47ドルへの上昇が見込まれる。

しかし、弱気派がBCHを20日間EMA以下に引き下げてしまえば、BCHは215ドルまで下落し、さらに200ドルまで下落する恐れがある。200ドルまで下落すれば、弱気のヘッド&ショルダーのパターンが完成してしまう。これは非常にネガティブだ。したがってロングポジションのストップロスは197ドルで維持しておこう。

LTC/USD

4月2④日、ライトコイン(LTC)は直上のレジスタンスである43.67ドルを上抜けたが、47.6551ドルまで引き下げることはできなかった。これは、より高いレベルでは買い手が不足していることを示唆している。

出典: Tradingview

現在、LTCは20日間EMA(42.69ドル)まで下落している。LTCがこのサポートから反発した場合、強気派は47.6551ドルまで引き上げようとするだろう。

逆に、20日間EMAを下抜けてしまえば、LTCは40ドルを下回り、35.8582ドルまで下落する恐れがある。現時点では、ロングポジションのストップロスを35ドルで維持しておこう。LTCが弱気に転じたとなった場合、トレーダーはポジションの半分を39.50ドルで清算することも検討できる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!抽選で100名様に500円分のイーサリアム(ETH)をプレゼントキャンペーンも実施中!なぜETHなのか?その答えと「無料」でトレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。