忍耐の時 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

BTC/USD

不透明感が大きい時に買いに走ると巨額損失を抱えることになる。長い間ゲームを楽しみ利益を得たいトレーダーにとっては、忍耐が鍵だ。ビットコインは、現在重要なサポートゾーンである9727.55ドル〜9080ドルより上の水準で推移している。

BTC/USD

(出典:TradingView

ここから反発するのか調整するのか、予測するのは難しい。短期トレンドを示す20日間EMA(青色)は下落しはじめ、RSI(相対力指数)は、過去2、3日間50を下回っている。2つの移動平均線はクロス間近。弱気サインだ。短期では弱気派に軍配が上がっているようだ。

しかし、50日間SMA(赤色)は上昇傾向にあり、中期的なトレンドは明るい。押し目買いのチャンスがあるということだ。我々は、底値の形成を待ってポジションの提案をする。

今後2、3日は、ビットコインが現在のレベルで落ち着くか、次のサポートゾーンである7451.63ドル〜6933.90ドルまで下がるか見極める期間だ。上昇局面においては、下降型トライアングルのトレンド線を突破したら、勢いがつくとみている。

ETH/USD

イーサリアムは、上昇トレンド線の上で持ちこたえた。しかし、20日間EMAを突破できなかった。高値で買い手に迷いが見られる。今後2、3日で反発しなければ、上昇トレンド線を下回る可能性がある。

ETH/USD

(出典:TradingView

もしアップトレンド線と最近の安値である192.945ドルを下回ったら、すぐに150ドルまで大幅調整するかもしれない。20日間EMAが下落傾向にあり、RSI(相対力指数)はネガティブな領域にある。弱気派が有利だ。

しかしもし20日間EMAを突破すれば、320.840ドルまで上昇するかもしれない。50日間SMA(赤色)でレジスタンスに直面するが、突破するだろう。20日間EMAより上で価格が安定するのを待って、トレードの提案をする。

XRP/USD

XRPは買い手を引きつけられていない。売り手も重要なサポートである0.27795ドルを崩そうとしない。今後2、3日間、現在のレベルで保合いが続くかもしれない。

XRP/USD

(出典:TradingView

もし20日間EMAを下回れば、弱気派は0.27795ドルの下を再び目指すだろう。もしこの重要なサポートが破られれば、XRPは下落トレンドに入る。

しかし、もし20日間EMAを突破したら、50日間SMAまで上昇するかもしれない。その上は、0.45ドルが見えてくる。長期投資家は現在のレベルで買い、0.2750ドルより下でストップロスをキープした方が良いだろう。

ただ、短期のトレーダーは静観して価格が動き始めるのを待った方が良いだろう。

 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版