BTC/USD

多くの投資家が17,200ドルが大きなレジスタンスになると考えていたが、ビットコイン(BTC)価格は簡単にレジスタンスを突破した。

しかし、10月初旬から好調に推移しすぎているため、このままのペースで進めば、すぐに疲れてしまうかもしれない。

出典:トレーディングビュー

一旦休憩してから上昇トレンドを再開すれば、現在の上昇トレンドの持続が長く続くため、ポジティブに捉えられる。価格は現在、十字線を形成しているが、これは強気派と弱気派の間に優柔不断さがあることを示している。

価格がフィボナッチリトレースメントレベルの38.2%のすぐ上にある20日指数移動平均線(15,528ドル)で調整された場合は、健全な兆候と考えられるかもしれない。

調整がない場合でも、16,500ドルから18,500ドルの間のレンジ間の値動きはポジティブなものとなる。

この前提に反して、上昇が続きBTC/USDペアを新たな高値へと押し上げた場合、過去最高値を維持する可能性は低くなる。その際は、12,500ドルまでは大きなサポートがないため、大幅な下落が起きるだろう。

相対力指数(RSI)は約1ヶ月間、70~84の間で取引されており、トレンドは強いが、買われ過ぎであることを示している。そのため、上昇トレンドの一部を逃すリスクを冒してでも、トレーダーは欲を抑えて、適切なストップロスで取引する必要がある。

ETH/USD

イーサ(ETH)は本日、488.134ドルのレジスタンスの上で推移したが、強気派は価格を維持することができなかった。これは、弱気派がこのレジスタンスを積極的に守っていることを示している。

出典:トレーディングビュー

しかし、強気派が価格を20日EMA(442ドル)を下回らないように動く場合、低いレベルでの蓄積が証明される。価格が直近のレジスタンスの近くで固まっている場合は、レジスタンスをブレイクする可能性が高まる。

ETH/USDペアが488.134ドル以上を維持した場合、520ドル、そして550ドルまで上昇するだろう。

一方で、20日移動平均(EMA)を下回れば、モメンタムが弱まっていることを示唆している。50日単純移動平均線(399ドル)を下回れば、弱気派に有利な展開になるだろう。

XRP/USD

XRPは11月17日に最初の目標である0.303746ドルに達した。今日の急激な調整でわかるように、短期トレーダーはこのレベルで利益を確定したようだ。しかし、強気派はフィボナッチリトレースメントレベルの50%である0.278123ドルで下落を食い止めようとしている。

出典:トレーディングビュー

もし成功すれば、0.308176ドルのレジスタンスラインを再度テストする可能性がある。次のレベルでは、弱気派が再び強い抵抗を仕掛けてくる可能性があるのは、0.326113ドルだ。

移動平均線が正の傾きを示し、RSIが買われ過ぎの領域に近いことから、強気派が優勢であることがわかる。

この仮定に反して、XRP/USDペアが0.278123ドルを下回ると、20日EMA(0.264ドル)まで下落する可能性がある。

LTC/USD

ライトコイン (LTC)は現在、上昇トレンドの中で下落を示しているが、陰線の下ヒゲは、ブレイクアウトレベルの68.9008ドルで強い買いを示している。これは、強気派が68.9008ドルをサポートとして反転したことを示唆している。このレベルは、今後の下落局面では底値として機能するだろう。

出典:トレーディングビュー

移動平均線が正の傾きを示し、RSIが買われ過ぎの数値にあることは、強気派が市場をコントロールしていることを示している。強気派は今、価格を77.20ドルのレジスタンスラインの上に押し上げ、上昇トレンドを再開しようとしている。もし成功すれば、LTC/USDペアは100ドルまで上昇するかもしれない。

逆に、弱気派が当面のサポートである68.9008ドルを下回れば、モメンタムが弱まったことを示される。20日EMA(62.92ドル)を下回れば、弱気派が戻ってきたことになるだろう。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は、20日EMA(255ドル)で厳しいレジスタンスに直面している。これは、強気派が弱気派による売りを吸収できず、価格を上に押し上げることができないことを示唆しているため、ネガティブなサインだ。

出典:トレーディングビュー

価格は移動平均線を下回り、弱気派は当面のサポートである242ドルの下に沈めようとしている。 もし成功すれば、231ドルのサポートまで下落する可能性がある。

231ドルを下回れば200ドルまで下落する可能性が高まるが、231ドルを下回った直後は、レンジ内の値動きが数日続くだろう。フラットな移動平均線とRSIがマイナス圏にあることから、弱気派にやや有利な展開となっている。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。