BTC/USD

BTC/USD daily chart. Source: TradingView

ビットコイン(BTC)は、弱気派からの売り圧力に直面する可能性のある上昇チャネルのレジスタンスラインまで上昇した。ただし、上昇傾向にある20日間指数平滑移動平均線(11,201ドル)と、67を超える相対力指数(RSI)は、強気派に勢いがあることを示唆している。

強気派がBTC価格を上昇チャネルより上に押し上げることができれば、上昇の勢いを増し、すぐに12,048.05ドルまで上昇する可能性がある。このレベルを突破できれば、年間最高値である12,460ドルをトライすることになるだろう。

しかし、弱気派が何の抵抗もしないで諦める可能性は低い。弱気派はレジスタンスラインで上昇を失速させようとするだろう。BTC価格が現在のレベルから反落しても、11,500ドル以上を維持できていれば、BTCはチャネル内でゆっくりと上昇を再開するだろう。

弱気の最初の兆候は、11,178ドルを下抜けることだ。そしてチャネルのサポートライン以下までBTC価格が下落すれば、トレンドは弱気派に有利になる。

ETH/USD

弱気派は10月16と17日にイーサリアム(ETH)を移動平均線以下に抑え込むことができなかった。これは買いを引き付け、強気派はETH価格を直上のレジスタンスである395ドル以上に押し上げようとしている。

ETH/USD daily chart. Source: TradingView

20日間EMA(368ドル)は徐々に上昇し始めており、RSIは57を上回っている。これは、強気派が復権を試みていることを示唆している。

強気派がETH価格を395ドル以上に押し上げた場合、上昇トライアングルのパターンが完成する。この強気パターンのターゲットは478ドルであり、52週間の最高値である488.134ドルをわずかに上回っている。

ETHが現在のレベルもしくは395ドルから反落し、上昇トレンドラインを下回った場合、このポジティブな見方は無効となる。そうなった場合、ETHはさらに数日間は308.392~395ドルのレンジ内での値動きとなるだろう。

XRP/USD

XRPは、10月15日の移動平均線は下回ったが、弱気派はこれを利用して0.2295ドルのレンジの底まで沈めることができなかった。これは、安値のレベルでは売り手が不足していることを示唆している。

XRP/USD daily chart. Source: TradingView

強気派は現在、移動平均線以上に価格を押し戻そうとしている。強気派が高値を維持できれば、0.26ドルのハードルをクリアしようと試みるだろう。

0.26ドルを超えてUTC時間で終値を付ければ、XRPは0.2905ドル、さらに0.303746ドルまで達する新しい上昇トレンドが開始するだろう。

しかし、移動平均線がフラットであり、RSIは中間のすぐ上に位置しており、これは需要と供給が均衡していることを示唆している。XRPが現在のレベルもしくは0.26ドルから反落した場合、レンジ内での値動きがさらに数日間は続くことになるだろう。

BCH/USD

強気派は過去2日間、242ドルの重要なサポートを維持しており、ビットコインキャッシュ(BCH)は現在、その上昇を再開しようとしている。

BCH/USD daily chart. Source: TradingView

上昇トレンドにある20日間EMA(241ドル)と58を超えるRSIは、強気派が主導権を握っていることを示唆している。上昇の最初のターゲットは266.46ドルであり、そこまでスケールできれば、280ドルまで上昇する可能性がある。

ただし、強気派がBCH価格を266.46ドル以上にできなかった場合、BCHは数日間はレンジ内での値動きとなる可能性がある。移動平均線を下回って終値を付けることになれば、BCH価格は200ドルまで下落する恐れがある。

LTC/USD

ライトコイン(LTC)は上昇トレンドラインから反発し、強気派は移動平均線以上にLTC価格を押し上げようとしている。強気派が移動平均線を超える価格を維持できた場合、51ドルから52.36ドルの直上のレジスタンスゾーンへの上昇が可能だろう。

LTC/USD daily chart. Source: TradingView

しかし、弱気派は移動平均線で防衛しようとしており、強気派は簡単には上昇させれないだろう。LTCが反落し、上昇トレンドラインを下回った場合、42ドルまで下落するだろう。

現在、20日間EMA(47.99ドル)はフラットであり、RSIは中間点にあり、需要と供給のバランスが均衡していることを示唆している。したがって、強気と弱気の両方が主導権を握ろうとしており、今後数日間はボラティリティがある可能性がある。

レジスタンスゾーンを突破して終値をつければ、新しい上昇トレンドを開始を示す逆ヘッド&ショルダーのパターンを完了するだろう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。