BTC/USD

ビットコイン(BTC)は10月15日に11,178ドルのサポートから反発したが、強気派は11,500ドルを超えることができなかった。この弱さは、短期的なトレーダーによる利益確定と、攻撃な弱気派によるショートを引き付けた可能性がある。

BTC/USD デイリーチャート. 出典: TradingView

弱気派は現在、BTC価格を重要なサポートである11,178ドル以下に下落させようとしている。ただし、このサポートの直下には、20日間指数平滑移動平均線(11,081ドル)があるため、この価格レベルでは買い手を引き付ける可能性がある。

上昇傾向にある20日間EMAと、相対力指数(RSI)がポジティブな領域にあり、これは買い手が優勢であることを示唆している。

強気派がBTC価格を下降トレンドラインより上に押し上げることができれば、強気の最初のサインとなる。強気派が上昇チャネルの上でBTC価格を維持できるようになれば、上昇トレンドが勢いを増す可能性がある。

逆に、弱気派がBTCを20日間EMA以下に沈めれば、チャネルのサポートラインまでが下落する恐れがある。チャネルを下抜けてしまえば、さらなる売りを引き起こす可能性があり、その結果10,000ドルまで下落する恐れがある。

ETH/USD

弱気派は現在、イーサ(ETH)価格を移動平均線以下に抑え込もうとしている。それが成功した場合、上昇トレンドラインまで下落する恐れがある。このサポートも下抜けてしまった場合、さらに数日間は、レンジ限定の値動きとなる可能性がある。

ETH/USD デイリーチャート. 出典: TradingView

移動平均線は横ばいとなっており、RSIは50付近にある。これは需要と供給が均衡していることを示している。

しかし、ETHが現在のレベルもしくは上昇トレンドラインから上昇した場合、強気派は再びETH価格を395ドルの直上のレジスタンスを超えようと押し上げていくだろう。強気派がそれを達成させることができれば、ETHは481.608ドルをターゲットとするトライアングルパターンを完成させる。

XRP/USD

XRPは10月15日に移動平均線を下回り、重要なサポートである0.2295ドルに向かっている。XRPは強気の逆ヘッド&ショルダーのパターンを形成していたが、強気派はXRP価格をネックライン(0.26ドル)より上に押し上げることができず、パターンを完了させることができなかった。

XRP/USD デイリーチャート. 出典: TradingView

XRPの現在の値動きは、トレーダーが方向性のある賭けをする前にセットアップが完了するのを待つ必要がある理由だ。予見に基づいて買いを入れれば、すぐに取引が損失を生んでしまう恐れがある。

XRPは現在、0.2295~0.26ドルのレンジ内での値動きとなっており、強気派はレンジの下限で買いを入れる可能性がある。

強気派がXRP価格を0.26ドル以上に押し上げるか、弱気派が0.219712ドル以下に沈めれば、トレンドの変化が始まるだろう。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は266.46ドルから急落し、242ドルのレベルを再テストする結果となった。このサポートからの急激な反発は、強気派がより安値では積極的に蓄積し、242ドルがサポートとして機能することを示唆するだろう。

BCH/USD デイリーチャート  出典: TradingView

上昇トレンドにある20日間EMA(238ドル)と、60を超えるRSIは、強気派が優勢であることを示唆している。強気派が266.46ドル以上にBCH価格を押し上げることができれば、上昇トレンドは280ドルに達し、さらに300ドルにまで達する可能性がある。

弱気派が現在のレベルで売り圧力をかけ、BCHが移動平均を下回った場合、この仮定は無効となる。そうなった場合、BCHは215ドルまで下落する恐れがある。

LTC/USD

ライトコイン(LTC)は2つの移動平均線を下回っており、これは弱気派が51ドルのレジスタンスでショートポジションを開始したことを示唆している。しかし、強気派は上昇トレンドラインを守ろうとしているため、まだ諦めていない。

LTC/USD デイリーチャート. 出典: TradingView

強気派が移動平均線以上にLTC価格を押し上げることができない場合、売り圧力が強まる可能性が高く、弱気派は再びLTCを上昇トレンドライン以下に沈めようとするだろう。これが成功した場合、LTCは42ドルまで下落する恐れがある。

逆に、LTCが移動平均線を上回った場合、強気派はLTC価格を51~52.36ドルのレジスタンスゾーンを突破しようとするだろう。これに成功した場合、逆ヘッド&ショルダーのパターンが完了し、60.3702ドルがターゲットとなる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。