近い将来に持ち合い相場を形成か 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

BTC/USD

9,080ドルの強力なサポート近辺からのビットコインの反発は、2つの移動平均線を上回って上昇している。これはポジティブなサインだ。しかし、強気派は11,000ドル直下でレジスタンスに直面している。2つの移動平均線はフラットとなっており、相対力指数(RSI)は中間をわずかに上回っている状況だ。これは近い将来に持ち合いとなることを示すものだ。

BTC/USD

(出典:TradingView

上抜けるのか、下抜けるのか、その方向を予測することは難しい。強気相場が価格を対称トライアングルの下降トレンドラインよりも上に押し上げた場合、ビットコインが上抜けて、今年最高値である13,973.50ドルへの上昇も視野に入ってくるだろう。

逆に、弱気派がビットコインを9,080ドル以下にまで下落させた場合、7,451.63ドルの次のサポートまで下落する可能性がある。トライアングルの内側では、価格の動きも不安定なままだ。したがって、トレーダーはトライアングル内での買いは避け、上抜けるのを待ってから、以前の分析で提示したロングポジションを開始することを勧めたい。

ETH/USD

イーサリアム(ETH)の上昇は、20日間EMAがレジスタンスとなっている。移動平均線が下落しており、まだ上昇トレンドではないことを示している。弱気派は、価格を最近の安値である163.755ドル以下に引き下げようとしている。これが成功すれば、150ドルまで下落する可能性も出てくる。

ETH/USD

(出典:TradingView

トレンド変化の最初のサインは、20日間EMAを上抜けることだ。これが成功すれば、次のレジスタンスは50日間SMAになる。強気相場により2つの移動平均線を上抜けた場合、235.70ドルへの上昇も見込まれる。イーサリアムのロングポジションを提案する前に、新しい買い場が形成されるのを待ちたいと思う。

XRP/USD

XRPの上昇は、20日間EMAでレジスタンスに直面している。6月27日以降、反発の動きすべては、20日間EMAで弾き返されている。これは弱気派が主導権を握っていることを示すものだ。移動平均線の下落とRSIの状況から、下落トレンドを抜け出せていない。

XRP/USD

(出典:TradingView

弱気派は、XRPを0.225~0.24508ドルのサポートゾーンより下に下落させようとしている。これが成功した場合、XRPの下落トレンドは続き、0.19ドルまで急落するだろう。一方、強気派が20日間EMAを上抜けさせた場合、50日間SMAまで上昇する可能性が出てくる。このような動きは、弱気派の力が弱まっていることを示すものだ。ロングポジションを提案する前に、トレンドの変化を待ちたい。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。