ポルノハブ効果か、仮想通貨ヴァージが急騰 「ペイパルの支払い停止」報道後に30%超上昇【ニュース】

決済大手ペイパルがアダルトエンターテイメント大手「ポルノハブ(Pornhub)」所属のモデルへの支払いを突然停止したことを受け、仮想通貨ヴァージ(XVG)が急騰している。過去24時間で30%以上の上昇となっている。

Coin360のデータが示すように、11月14日にペイパルのニュースが報道されて以降、XVGの価格は急上昇した。ポルノハブは2018年4月に仮想通貨ヴァージを決済手段として受け入れることを発表している

XVG price 7-day chart

出典:Coin360 XVG価格の1週間の推移

24時間の取引所が168%増加

取引量も急増している。14日には6,806,206ドルだったが、15日には18,244,214ドルにまで拡大。168%の増加だ。

ヴァージ(XVG)はネットワークはTor(トーア)や匿名化技術「I2P」を使い、セキュリティを強化しているのが特徴だ。仮想通貨の時価総額では66位に位置している。XVGは0.005ドル前後で取引されている。

ポルノハブが昨年4月にXVGを決済手段として導入した際、ポルノハブの幹部は「革新的なテクノロジーの採用が、アダルトエンターテイメント業界において重要な役割を果たすことを証明していく」と述べていた。

今回のペイパルによる突然の支払い停止は、昨年の判断が正しかったことを示しているのかもしれない。

【関連記事:アダルトエンタメ大手でペイパルによる所属モデルへの支払いがストップ

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン