【バイナンス・ラボ独占取材】仮想通貨市場には「熱狂的信者」だけが残る 1000億円ファンドの投資戦略とは?

 出来高ベースで世界最大の仮想通貨取引所バイナンス傘下の仮想通貨・ブロックチェーン投資ファンドバイナンス・ラボ」のトップであるエラ・ジャン氏は先週末、カリフォルニア州からコインテレグラフ日本版のインタビューに答えて、ブロックチェーンの「熱狂的な信者」である我々は、仮想通貨の普及など長期的な価値創造に貢献できるプロジェクトに投資していくと述べた。最近の仮想通貨相場の低迷は気にしておらず、あくまで長期的な目線でブロックチェーンに貢献できるかどうかを見極める構えだ。

 10億ドル(約1100億円)を運用するバイナンス・ラボのトップを務めるジャン氏は、「最近の荒れた相場は気にならない」と発言。市場を去るのは「ブロックチェーンを信じていない人」だと指摘し、むしろ彼らが去った後は「ノイズ」が少なくなると相場の低迷を歓迎。

 「むしろ今は本当のダイヤモンドが割安で転がっているかもしれないから絶好の投資機会なのではないかと前向きに捉えた。

 「仮想通貨市場の時価総額は、今後数倍も十数倍も成長する。トレーディングは私にとってあまり興味のないことだ。大事なのは長期的な価値の創造だ」

 6月にもチャン氏は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の「バブルがはじけることは、業界にとって良いこと」と発言していた

 バイナンス・ラボは「社会的なインパクト」を重視するファンド(Social Impact Fund)だ。投資先の選定において重要視するのは人々の生活における仮想通貨の普及に貢献できるかだ。

 ジャン氏は、アマゾンなどeコマースが我々の生活を変えた時と同じくらいの影響力があるプロジェクトを探しているという。ただ現在そういったプロジェクトは少なく、一時期話題になった(分散型アプリ(DApps)の先駆けである)クリプトキティーズでさえデイリー・アクティブ・ユーザー(DAU)が100人程度だと指摘した。

 こうした現状を打開するために現在バイナンス・ラボが投資している企業の一つは、分散型デジタル資産・金融サー