ニューヨーク市 ブロックチェーンセンター開設を発表| 仮想通貨"長期戦”を覚悟

ニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)は10日、マンハッタンにブロックチェーンセンターを開設すると発表した。ブルームバーグが10日に報じた。仮想通貨相場が低迷する中でもニューヨーク市は仮想通貨とブロックチェーンに可能性を見出しているようだ。

記事によると、ブロックチェーンセンターは、国際貿易組織グローバルブロックチェーンビジネス会議とニューヨーク拠点のVCであるFUture Perfect Venturesと一部提携して開発される。広さは、4000スクエアフフィート(約370平方メートル)で、一般に対してブロックチェーン関連の教育サービスや開発者に対してプログラミングの授業などを提供するという。

ニューヨーク市は、1回限りの初期投資として「10万ドル」を出資。ブロックチェーンセンターは、会費やコーポレートパートナーからさらなる資金調達を目指すという。コーポレートパートナーにはすでにマイクロソフトやIBMが入っているそうだ。

NYCEDCの最高戦略責任者アナ・アリーノ氏は、「長期戦」を覚悟し、次のように述べたそうだ。

「ブロックチェーンは、黎明期にある技術だ。毎年、進化の過程で不透明な事態に見舞われるかもしれない。未来がどうなるか分からないが、それを形作るテーブルにおける席を持っていたい」