モネロとシアコインはビットメインのASICマイナーを拒否。次は誰?

 モネロ(XMR)の開発者たちは3月24日、前代未聞の声明を発表した。 プロジェクトの開発リーダーであるリカルド・スパーニャ氏が、通貨のプロトコルを6ヶ月ごとに変更すると警告したのだ。特定用途向け集積回路(ASIC)耐性を維持するのが目的だ。

 この対策は、マイニング機製造大手ビットメインが、強力なマイニング機のアントマイナーX3 ASICを発表した後に着手された。これはモネロやバイトコイン(BCN)、そしてイーオンコイン(AEON)などの仮想通貨の基盤であるクリプトナイト・アルゴリズムの計算用に特別に設計されたマイニング機だ。

 ビットメインの勢いは、同分野の巨人であるAMDやエヌビディアの名声を揺るがした。3月26日にウォール街のサスケハナ社が、ビットメインの新しいイーサリアム・マイナーが競争力を高めるとの見方を述べてからは、これら2社のシェアは急降下している。

マイナーメーカーが市場を独占する

 仮想通貨市場が停滞している今日、利益を得る唯一の方法はマイニングかもしれない。これにより、ビデオカードと特定ASICチップの最大メーカーは、新しい生産的なデバイスのモデルを市場に投入することになるかもしれない。ASICを用いたマイナーは、CPUやGPUユーザーを凌駕し、最も強力な機器を備えた最大のプレイヤーの間で、マイニングの集中という脅威を作り出している。

 ブロックチェーン・コミュニティーにいる複数の人間は、ネットワークの安全性に影響し得るこのような集権化に懸念を示している。実際、マイナー競合が分散していれば、ネットワークを侵入者から守り、システムとその参加者の安全性を高める。それゆえトークン開発者は、ASIC機器の使用に人為的な障害を引き起こさせる必要に迫られているのだ。

 バーンスタインの分析によると、ASICマイナーの生産に関する現在の独占状況と、マイニング機械市場全体における地位の拡大により、ビットメインは昨年、エヌビディアと同額の約40億ドルを稼ぎだした。 エヌビディアがこの額の利益を生み出すのに24年かかったのに対し、ビットメインはその6倍の速さでその額に到達したということは、特筆に値するだろう。

アントマイナーX3の開発者は月に4500ドルの収益を約束

 クリプトコンペアで述べられたように、この新しいASICは、月に4500ドルまでの利益を所有者に提供し得るが、その計算過程は主にモネロネットワーク処理におけるデバイスの関与を前提としており、これはXMRネットワーク機能の混乱させる可能性をはらんでいる。Antminer X3

Image source: CryptoCompare

モネロの反応

 モネロの開発者はこれに対して、アントマイナーX3の支払い不能性についての中傷的な記事を発表した。モネロの開発リーダーであるリカルド・スパーニャ氏は自身のツイッターで、モネロのコア開発グループ(CDG)が、ハッシングアルゴリズムを定期的にアップデートするため、それはモネロでは「作動しない」と忠告した。

 さらに&