「ブロックチェーンにより包括的でボーダレスな経済が可能になる」=MIT教授

マサチューセッツ工科大学(MIT)のシルビオ・ミカリ教授は、ブロックチェーンはよりボーダレスな経済を生み出す可能性があると語った。1月21日のブルームバーグとのインタビューの中で語った。

ミカリ教授は暗号技術やゼロ知識証明の分野を専門とし、コンピュータサイエンスで功績があった人物に送られるチューリング賞を受賞している。またブロックチェーン開発企業アルゴランドの創業者でもある。

ミカリ教授は、ブロックチェーン技術のシステムでボーダレスな経済が作られる可能性があると語る。インタビューの中で、不動産のオークション市場を例にあげ、「(ブロックチェーンにより)巨大で公平なオークション市場ができれば、例えばオフィスビルを細かく分割し、グローバルに売却することもできるだろう」と語る。

ミカリ教授は、より包括的でボーダレスな経済を可能にするため、ブロックチェーンに必要な3つの機能を指摘する。セキュリティと分散化、スケーラビリティの3つだ。ミカリ教授は、この3つを同時に満たすことが今後のブロックチェーン・システムの発展のために必要だと話す。

特にスケーラビリティについては、分散化システムが中央集権型システムと同レベルの信頼と参加を提供するための技術が今後必要になるだろうと語った。

ブロックチェーンシステムのセキュリティ問題について話題が及ぶと、ミカリ教授は中央集権型システムの方がハッキングに対してはるかに脆弱だと述べる。中央集権型の組織の方が、セキュリテやプライバシー侵害が頻繁に発生していると指摘する

ミカリ教授は、セキュリティの面について楽観的な見方を示す。トラストレスなシステムに組み込まれたセキュリティレベルについて次のように話す

「本当の分散型システムであれば、そこではパワーが分散しており、そのためすべてを実際に攻撃することは不可能だ。特定のシステムやノードに信頼する必要がない時、本当のセキュリティが実現することになるだろう」