2020年代は「銀行とテクノロジーの黄金時代に」=米大手銀行ウェルスファーゴのアナリスト【ニュース】

米大手金融機関ウェルスファーゴのアナリスト、マイク・メイヨー氏は、2020年から始まる次の10年が「銀行とテクノロジーの黄金時代になる」と語った。12月30日に米経済メディアCNBCで語った

メイヨー氏は1990年代には銀行統合が進んだが、システムは統合されなかったと説明。その後の21世紀最初の10年には銀行は過剰なまでの成長を遂げたが、2007~09年の金融危機で終わってしまったと指摘する。

メイヨー氏は、2010年代のは金融危機の影響から脱するための10年間だったと総括。その上で、次の2020年から始まる10年間は、銀行が有効なテクノロジーを使い、より高い収益性と効率性を実現する時代になると予測する。

メイヨー氏は、銀行が活用できる具体的なテクノロジーについては言及していないが、AIや機械学習、そしてブロックチェーン技術もその1つになるだろう。

CBインサイトは昨年発表した調査の中で、ブロックチェーン技術が米国の銀行において主要な投資分野の1つになると指摘している。

実際、JPモルガンはブロックチェーン技術を使うJPMコインに取り組んでいるほか、ウェルスファーゴも昨年9月にブロックチェーンを使ったクロスボーダー送金サービスの計画を発表した

【関連記事:米大手銀行初 JPモルガンが独自の仮想通貨を開発

【関連記事:米大手銀ウェルズ・ファーゴ 独自のクロスボーダー送金サービスを発表