UAEの大手銀行、小切手詐欺防止のためにブロックチェーン技術を導入

 資産額ベースで中東最大の銀行グループの1つであるドバイ国立銀行(NBD)が、詐欺防止のために小切手発行システムへブロックチェーン技術を導入した。同地域の銀行では初めて。現地報道機関のアラビアン・ビジネスが21日に伝えた

 アラビアン・ビジネスによると、このシステムは、各小切手に固有のQRコードを印刷し、記録はブロックチェーン上で行う。いわゆる小切手チェーン技術は、発行された小切手の信頼性と、アラブ首長国連邦(UAE)の銀行業界全体のセキュリティ基準への信頼性をより高めるように設計されている。

 NBDの公式発表によると、同行は最初の1か月の試験的導入で約100万枚の小切手を小切手チェーン上に登録したという。テストの成功に続いて、NBDはこのブロックチェーンを活用した銀行業務技術を他のUAEの金融機関に投入する機会をうかがっている。

 NBDグループのアブドラ・カセムCOOは、この革新的技術の導入の重要性を指摘し、NBD銀行が同地域でこのようなサービスを提供する最初の銀行であるとを強調した。

「エミレーツNBDは、この革新的技術の商業的利用を研究している。試験が成功裏に終わった後は、小切手チェーンを全国の顧客に向けて展開し、この地域で同サービスを提供する最初の銀行となる」

 UAEは主要都市であるドバイと共に、ブロックチェーン技術の導入について非常に前向きだ。先週にはUAEの副大統領兼首相とドバイの首長が「UAEブロックチェーン・ストラテジー2021」を発表し、ブロックチェーン技術の導入における世界的なリーダーになることを目標に掲げた。

 ブロックチェーン技術は世界中の銀行業界でますます普及している。今月12日には、自動化されたデータ認証機能を備えたブロックチェーンに基づくストレージシステムについて、バンク・オブ・アメリカが特許を申請していたことが明らかとなり、3月30日には、PKOバンク・ポルスキが分散台帳技術(DLT)に基づく銀行書類用のストレージと検証システムを提供するためにブロックチェーン企業と提携したとを発表した。