テレグラムの独自仮想通貨「グラム」リキッドが7月に独占で一般販売へ

仮想通貨取引所QUOINEを傘下に抱えるリキッド・グループは7月、プライバシーを重視した暗号化チャットアプリのテレグラムの独自トークン「グラム」の一般販売を行う。11日にプレスリリースで発表された

テレグラムは昨年、トークンを使った資金調達であるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で独自のブロックチェーン・プラットフォーム「テレグラム・オープン・ネットワーク(TON)」の開発のために8億5000万ドルを調達し、世界中から注目を集めた。

グラムはリキッドで7月10日に販売開始される。参加者は、米ドルかUSDコイン(USDC)で購入可能で、リキッドの口座を通して買う必要がある。

ザ・ブロックによると、米国、カナダ、日本を含む50カ国以上の投資家は参加できない。

グラムの購入者は、リキッド上に設けられるTONと互換性のあるウォレットでグラムを保管し、10月31日に予定されているTONのメインネットの時にグラムを実際に手に入れることになる。

仮にTONのメインネット立ち上げが行われなかったら、全て完全に返済されることになる。

テレグラムが昨年にICOをした当時は一般販売は行われないと見られていたが、グラムの最大の保有機関であるグラム・アジアが10月を前に未公開の数のグラムを一般販売にかけることになる。

リキッドの栢森加里矢CEOは、「我々はより安全でオープンな価値の移転を促進して仮想通貨のさらなる普及を進めるというビジョンを共有している」とコメントした。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版