米パクソス、金と連動の仮想通貨を発行 金の投資に変革もたらすか

米ドル連動型のステーブルコインを発行するパクソスが、金(ゴールド)の愛好家を仮想通貨の世界に引きこもとしている。

パクソスは5日、金1オンスと1対1で連動するデジタル通貨「PAXゴールド(PAXG)」を発行したと発表した。ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可を受けており、規制された初めてのデジタル版ゴールド商品になるという。

法定通貨や金でPAXGの売買が可能で、PAXGは金のバーに償還できる。

市場規模が9兆ドル(約960兆円)と言われる金。パクソスのチャールズ・カスカリラCEOは、PAXGは動かしづらいという金の問題を解決すると期待している。

「デジタル化とグローバル化が進む金融システムにおいて、金の現物を保有することは効率が悪い。時代遅れの投資だ。トレードは簡単ではないし、分けられないし、動かしづらいし、他の投資商品に対してレバレッジできない」

また同氏は、金のETF(上場投資信託)などを通して金のトレードをすることはできるが、それは金の現物を保有しているという合法的な証明にはならないと指摘。また、不適格な個人投資家にとってはリスクのある取引と述べた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版