コインチェックが全ての通貨の出金を停止 約790億円相当のネムとリップルの出金観測と関係か

 仮想通貨取引所大手コインチェックが26日、取り扱う全ての仮想通貨の出金を一時停止した。約6億ドル(約650億円)のネム(XEM)、および1.23億ドル相当(約134億円)のリップル(XRP)が同取引所から出金されたとする観測が背景にあると思われる。

 同日午後、コインチェックではまずネムの入金が停止された。同社の公式ブログは「現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます」としていた。

 この後、ネムの売買や出金も制限された。現在では現金を含む全ての通貨の出金ができなくなっている。公式ブログは「現在、JPYを含め、取り扱い通貨全ての出金を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます」と更新している。

 コインチェックがこうした制限を実施しはじめてから、コインチェックのウォレットから1億XRP(約134億円)が一度に出金されている。

 これに先立って約650億円相当のネムも出金されたという未確認の情報も憶測を呼んでいる。

 コインチェックはビットフライヤーやQuoine等と違い、仮想通貨交換業者として金融庁に登録されていない。

 さらに、報道陣もコインチェックの本社があるビルに集まっているようだ。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー