ICEがソフトウェアサービス会社を買収へ|バックトの仮想通貨含む一般消費者向けアプリ開発で【ニュース】

傘下にニューヨーク証券取引所を抱えるインターコンチネンタル取引所(ICE)は、子会社のバックトのアプリ公開準備に向け、ソフトウェアサービスのブリッジ2・ソリューションズを買収する計画だ。2月5日にICEがプレスリリースで発表した。

バックトが進めている一般消費者向けサービス開発の一貫とみられる。仮想通貨メディアのザ・ブロックによると、今年第一四半期中に買収が完了する見込み。

小売店ネットワークを活用

Bridge2はデジタルクーポンや従業員のインセンティブ、ロイヤルティポイントなど、小売店向けのロイヤリティプログラムを運営。すでに600億ドル相当のポイントを管理している。バックトはこうした小売店向けネットワークを活用して、独自の消費者向けアプリを構築する。

フォーチュンなどによると、ブリッジ2のパイロットプロジェクトである「ロイヤル・ペイ」を使うことで、小売店側はバックトのアプリに直接リンクを張れるようになる。小売店側は銀行に手数料を支払う必要がなくなるほか、独自のクレジットカードやリワードポイントを現金に換金できるようになるという。

バックトがコインテレグラフにメールで述べたところによると、バックトのアプリブロックチェーン基盤ではないが、仮想通貨を含め、さまざまな事業からのロイヤリティリワードなど大量の資産をホストするものになる予定。

ブリッジ2に関しては、ICEが買収し、その後バックトがICEから取得する。バックトは、向こう数カ月で完了するとされる現行のシリーズBで調達した資金を使用する計画だ。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:バックトの親会社ICE、米eBayの経営権取得で交渉=WSJ

【関連記事:ビットコイン先物手がけるバックト前CEO、CFTC監視する委員会に所属 利益相反に懸念の声

【関連記事:ビットコイン先物のバックトCEO、米上院議員に指名 CEO退任へ

【関連記事:バックトの現金決済BTC先物、来月9日にシンガポール上場を公式発表

【関連記事:シンガポール、仮想通貨デリバティブを解禁へ 規制当局が方針示す | ICEなどが参入か

【関連記事:「バックトは全種類の金融機関と交渉中」ビットコイン先物でICEトップが発言