バックトの親会社ICE、米eBayの経営権取得で交渉=WSJ【ニュース】

ニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)がオンラインマーケットプレースの米オークションサイトeBayに対して経営権取得のオファーを出していたことが明らかになった。4日付のウォール・ストリート・ジャーナルが関係者の話として報じた

ICEは、eBayの企業価値を300億ドル(約3兆2700億円)と見積もっている。

ICEは、ビットコイン先物を手がけるバックトの親会社としても知られている。

ICEとeBayはまだ正式に交渉を始めておらず、ICEによる経営権取得が成立しない可能性もあるという。

【関連記事:バックト、新たにビットコイン先物とオプション取引を開始

【関連記事:「バックトは全種類の金融機関と交渉中」ビットコイン先物でICEトップが発言

【関連記事:バックトの仮想通貨ビットコイン先物、ICEが証拠金などの概要を発表

【関連記事:仮想通貨ビットコインの実物コイン、eBayで1000万円超で販売

【関連記事:Eコマース大手イーベイ(eBay)、仮想通貨による決済採用の噂を否定

【関連記事:「ICOとSTOの準備は万全」eBay(イーベイ)に怪しげなプロジェクトが出現