2019年第4四半期のブロックチェーンソフトウェアによる開発活動、ハイパーレジャー・ファブリックがR3「コルダ」上回る【ニュース】

2019年第4四半期、ブロックチェーンソフトウェアによる開発活動において、ハイパーレジャー・ファブリックがR3のコルダプラットフォームを上回った。チェーンスタックが、大手ブロックチェーン関連企業6社の開発活動に関する報告書を公開した

Total GitHub activity per-protocol. Source: Chainstack

プロトコルごとのGitHubアクティビティ合計 参照: Chainstack

ファブリック開発者アクティビティは、コード管理ツールGerritからGitHubへの移行に続き、急増している。チェーンスタックは、同チャートに含まれた他の企業ブロックチェーンプロジェクトもすべて、GitHubを使用したとしている。

ファブリックで稼働する開発者数は1万7561人で、コルダは5678人だった。コードコントリビューションに関しては、コルダ開発者が3万382に対し、ファブリック開発者は1万2439だった。

コードコントリビューションをする開発者数は、コルダ、ファブリック、イーサリアムベースの金融向けブロックチェーン「クオラム」が全体の86%を占めていた。クオラムは、2018年から2019年にかけて2倍になった。

Total developer activity over time for all considered enterprise blockchain projects. Source: Chainstack

企業ブロックチェーンプロジェクトの開発者アクティビティ数 参照: Chainstack

大手企業らが事業モデルのさまざまな側面でブロックチェーン技術の適応を開始している。自社開発することなくサービスを利用できることで、同分野以外の業界での企業ブロックチェーンプラットフォームへの関心が増加しているとみられる。

先月、スペインの大手通信テレフォニカは、同国の科学技術パーク協会(APTE)と提携し、同国内約8000社に対し、ブロックチェーンへのアクセスを提供すると発表していた。

昨年12月には、インド最大手のITサービス企業タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)が、スマートコントラクト用統合開発環境ソフト「Quartz DevKit(クオーツ・デブキット)」を展開。ハイパーレジャー・ファブリック、イーサリアム、R3のコルダほか任意のブロックチェーン向けテンプレート(ひな形)を用意していると発表していた。

【関連記事:スペイン大手通信テレフォニカ、8000社にブロックチェーンへのアクセス提供へ

【関連記事:インド最大手のIT企業、スマートコントラクト用統合開発環境発表 | タタグループのTCS

【関連記事:中央銀行デジタル通貨、匿名性に配慮した支払いシステム構築は可能 | 欧州中央銀行が実証実験

【関連記事:R3のブロックチェーン貿易金融ネットワーク「マルコポーロ」の試験運用完了

【関連記事:ドイツ取引所、DLTを使った債券取引を実施 | R3のブロックチェーン活用

【関連記事:香港とタイの中央銀行、中央銀行デジタル通貨導入に向けた共同プロジェクトの報告書公開

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン