米仮想通貨資産運用グレイスケールのイーサリアム投資信託に当局からゴーサイン

仮想通貨ファンドのグレイスケールによるイーサリアム投資信託(ETHE)の取引に米金融取引業規制機構(FINRA)からゴーサインが出た

ETHEはイーサリアムに紐づいた信託として初めてOTC(店頭)で取引されることになる。グレイスケールによて2017年に立ち上げられたETHE。投資家は、イーサリアムの売買、保管などをせずにイーサリアムの価格変動の影響を受けられることになる。

グレイスケールは、すでにビットコイン信託とイーサリアムクラシック信託の取引を開始している。

先日グレイスケール は、第1四半期の資金流入額に占めるビットコイン信託の割合は99%で、1年前の76%から大幅に増加したと発表した。

【関連記事:仮想通貨資産運用のグレイスケール Q1資金流入額は42%増 |99%がビットコイン

今後は米国の証券預託機関(DTC)の審査を受けることになり、もし合格すればETHEの取引高などがわかるようになる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
2019年5月24日8時12分