ビットコイン億万長者ピアース氏 マウントゴックス復活を計画 |債権者への仮想通貨返済迅速化も約束

ビットコイン億万長者ブロック・ピアース氏が、「ゴックスライジング(GoxRising)」と呼ばれる新たなプロジェクトを計画し、かつて最大の取引高を誇った仮想通貨取引所マウントゴックスの債権者たちに向けた、新しく迅速な救済計画を提唱している。この運動の狙いについてピアース氏は、テッククランチのインタビューに答えた

既報の通り、およそ2万4000人の債権者が、11年のマウントゴックスへのハッキングとそれに続く14年初めのマウントゴックス破綻による影響を受けたと考えられている。マウントゴックス破綻により、当時のレートで約4億6000万ドル(約470億円前後)相当の85万ビットコインが消失した。

現在、民事再生計画を進め、債権者への支払いを担当しているのは、東京地裁が管財人に任命した小林信明氏だ。テッククランチによると、債権者への支払いには3~5年かかる見込みだ。

こうした状況に対してピアース氏は、「ゴックスライジング」は、法的・技術的障壁が克服できれば、債権者の救済が迅速化できる可能性があると主張。現在、マウントゴックスの財団に属する財産はおよそ12億ドル(約1320億円)であり、内訳は現金約6億3000万ドル(約692億円)、13万7892枚のビットコイン、16万2106枚のビットコインキャッシュ、その他ハードフォークされたコイン