児童ポルノがBTCのブロックチェーン上に、犯罪に巻き込まれる恐れも

 ドイツの2つの大学の研究者は、ポルノコンテンツなどダウンロードすると法に抵触する恐れがあるデータが、ビットコインのブロックチェーンに存在することを論文で明らかにした。英紙ガーディアンが20日伝えた。

 アーヘン工科大学とフランクフルト大学の2つのグループが発表した論文によると、ビットコインの取引に性的画像や児童ポルノへのリンクが添付されており、ブロックチェーン産業が広く犯罪に巻き込まれる恐れがあるという。

 「ビットコインのブロックチェーンには、性的内容を持つファイルが少なくとも8つ含まれている。そのうち5つのファイルは、ソフトポルノのコンテンツを見せたり、説明したり、リンクを提供したりしているにすぎないが、残りの3つのファイルは、ほぼすべての国で違法とされる内容を含んでいると、我々は考える。そのうち2つのファイルは、児童ポルノのリンクのリストのバックアップで、274のウェブサイトへのリンクが含まれており、そのうち142サイトが、匿名通信システムのトーア(Tor)で隠されたサービスへのリンクである」と論文で指摘している。

 「大半は無害であるものの、児童ポルノやプライバシーの侵害に当たると思われるサイトへのリンクなど、いかがわしいブロックチェーンのコンテンツが稀に挿入されている」と続けた。

 ビットコインのトランザクションは通常、少量の追加データしか収容できず、現在ブロックチェーンに蓄えられているファイルは1600にすぎない。従って性的内容を含むファイルは全体の0.5%にすぎないが、これだけでも国によっては、ビットコインのユーザーは違法行為に携わっていると見なされる可能性がある。

 「注目すべきは、性的画像のうち2つは、我々が使用した疑わしいトランザクション検知機能を通してのみ検知されたことだ。すなわち、これらは一般に知られているサービスを通して挿入されたものではない」と研究者らはつけ加えている。

 急成長を遂げているブロックチェーン現象に対して、ますます多くの国が厳しい規制法を導入する中、ブロックチェーンという技術の遵法性を維持することが不可欠になると、論文は結論づけている。

 研究者らは、これからのブロックチェーンは、いかがわしい内容に積極的に対応するよう設計されていなければならないと強調した。ピアが、たとえば新たなトランザクションをフィルタリングしたり、コンテンツを有するトランザクションを取り消したりしつつ、スケーラビリティと透明性を確保する設計が望まれると解説した。