ドイツの投資会社が仮想通貨マイニング業に特化したファンド立ち上げ ビットコイン相場低迷の中

ドイツのオルタナティブ投資ファンドXolaris Service(ゾラリスサービス)が、ビットコイン採掘業にフォーカスしたプライベートエクイティファンドを立ち上げた。同社が11月29日に発表したリリースの中で明かした。

Xolarisによるとビットコイン(BTC)価格の下落にも関わらず、顧客からの仮想通貨投資についての問い合わせは絶えないという。

同ファンドの最小投資参加額は25万ユーロ(約3230万円)で、全体の発行額は3000万〜5000万ユーロ(約39億〜65億円)が予定されている。まずスウェーデンにある仮想通貨マイニング施設の拡大に投資する予定という。

「プロの投資家から規制を受けた仮想通貨関連商品のリリースを常に求められてきたことが背景」(同社幹部ステファン・クライレ氏)

コインテレグラフでこれまで報じてきたが、ビットコイン価格が約3500ドル(約40万円)へと下落したことによって、多くの仮想通貨採掘業者の収益性が激減。中国では大量の仮想通貨採掘機器が大量に破棄されている状態だ。また、米拠点の仮想通貨採掘業者ギガ・ワットは先週破産申請を行っている。

一方でパラグアイ政府が世界最大のビットコインマイニングファームを作るプロジェクト「ゴールデン・グース」を承認、支援すると発表するなど強気派もまだ残っているようだ。