【G20レポート】G20財務相・中銀総裁会議、福岡で開幕 黒田総裁「デジタル経済を踏まえた議論も」 |仮想通貨関連規制の進捗にも注目

G20財務相・中央銀行総裁会議が8日午後から福岡市で開幕する。日銀の黒田総裁は記者団の質問に答えて、世界経済の現状分析と対策のほかデジタル経済や金融規制が議題になるだろうと話した。

会議に先駆けて黒田総裁は、世界経済の現状認識や対策、高齢化社会への対応などを議論するほか、「最近の技術革新、デジタル経済」を踏まえた議論や「金融規制」についても引き続き議論することになると述べた。

すでに8日の午前中には、麻生副総理兼財務大臣などが参加してグーグルやアップルなどの多国籍企業を念頭に置いたデジタル課税に関するシンポジウムが行われた。

麻生氏は経済の急速なデジタル化に国際課税が追いついていないとし、「デジタル化は一部の多国籍企業にとって税負担の軽減になっている」と話した。さらに「一国で規制するより、多国間で規制を進めるべき」と各国で協調してルール作りをするべきと訴えた上で、加盟国でビッグルーザーが出ないような構造が必要だと話した。

今回のG20財務相・中央銀行総裁会議は、8日~9日の日程で開かれる。8日は16時から本会議が開かれる予定で9日の17時30分からは議長国の記者会見が予定されている。

今回の会議では、仮想通貨とマネーロンダリング、新たな金融システムにおける利用者保護のあり方なども話し合われる見込みだ。

【関連記事:金融庁、内閣府令等とG20の見通しについて回答 仮想通貨関連の法改正を受けて【独自】
【関連記事:【独自】G20のマネロン議論 サプライズ要因は? 三菱UFJ出資のチェイナリシスと匿名通貨ビームCEO「マネロンと仮想通貨」を語る
【関連記事:週末のG20観戦ガイド:エッセンス版 【仮想通貨業界関係者必見!】
【関連記事:【G20直前特集】マネロン規制の注目点を解説 仮想通貨規制に関わる「ガイドライン」や今後の企業対応は?