フィデリティ主導の調達ラウンドでクロスボーダー取引システム開発のブロックチェーン企業、約14億円調達【ニュース】

イスラエルのブロックチェーン系スタートアップ「クリア(Clear)」が、フィデリティ傘下のVCファンド「エイトローズベンチャーズ(Eight Roads Ventures)」が主導するシリーズAラウンドにおいて、1300万ドル(約14億3000万円)の資金調達を行った。クリアは、通信事業者など大企業間における大量かつクロスボーダー取引を要するシステム向けのブロックチェーン・ネットワークを開発しているという。テッククランチが2月6日に報じた

エイトローズベンチャーズは、フィデリティグループの投資部門に端を発するVCファンド。日本でも、エイトローズベンチャーズジャパンとして2012年から展開している。今回のシリーズAラウンドでは、スペインのテレフォニカ・イノベーション・ベンチャーズ、ドイツテレコムのテレコム・イノベーション・プール、香港の通信企業HKT、シンガポールのシングテル・イノフ8(Singtel Innov8)など通信事業者傘下のベンチャーファンドが参加したという。

クリアのウェブサイトによると、国際電話や通信事業者間のローミング契約、IoT(モノのインターネット)や5G(第5世代移動通信システム)ネットワークを念頭に、通信事業者間のクロスボーダー取引に関するリアルタイム見積もり・請求・支払いほか、不正行為防止に利用できるスマートコントラクトの開発などをターゲットとしているそうだ。

クリア共同設立者のガル・ホッホバーグ(Gal Hochberg)氏は、ブロックチェーン技術におけるスマートコントラクトは、大量のクロスボーダー取引に対処できる強力なツールだと述べた。

「ビジネスパートナー間における(取引・サービス)状況について、信頼できる情報を提供できる。(中略)商用情報や提供サービスに関する問題があればリアルタイムに発見でき、(クリアの)プラットフォーム内で解決可能だ」

またブロックチェーン技術を基盤とすることで、すべての企業間取引を監査可能になる上、暗号化による保護、さらにすべての関係企業に対してデータの一貫性と同期を提供するという。

ホッホバーグ氏は、同社内部テストに基づき「数億件の請求イベント」を処理できると主張している。

【関連記事:リップル、送金サービス大手のIntermexと提携 | 仮想通貨XRPを使ったODLを活用へ

【関連記事:日銀やECBなど6中銀、4月にデジタル通貨について会合開催

【関連記事:サムソンやセールスフォース、ブロックチェーン企業デジタル・アセットに出資

【関連記事:コンセンシス、トークン化したデジタル地方債の発行支援に向け証券会社を買収

【関連記事:スマートコントラクト導入「データ品質を50%向上させる」=ガートナーがレポート

【関連記事:インド政府系シンクタンク、ブロックチェーン戦略を公開
翻訳・編集 コインテレグラフ日本版