中国を警戒か「ECBはデジタル通貨の発行検討を」EUが提言へ|仮想通貨規制で「共通のアプローチ」促す【ニュース】

欧州中央銀行(ECB)はパブリックなデジタル通貨の発行を検討するべきだという提言をEUが準備している。ロイター通信が5日に報じた。フェイスブックのリブラが風前の灯火となる一方で中国はブロックチェーンを推進しデジタル人民元の開発を加速させている。

またEUの提言書は、EU全体で仮想通貨に対して「共通のアプローチ」を発展させることも促している。さらにデジタル通貨プロジェクトを「リスクが高すぎる」として禁止する可能性も排除していない。

デジタル通貨は、マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与、利用者のプライバシー侵害などが潜在的な問題と指摘されている。

ロイターによると、この提言書は来月にEU各国の財務大臣によって採択される。結果によってはEU内での仮想通貨に対する規制キャンペーンがエスカレートする可能性もあるという。

中国は中国人民銀行主導でデジタル人民元の開発を加速させている。また、中国の習近平国家主席は、先月末、ブロックチェーンをイノベーションの中核技術に据えると発表した

【関連記事:中国の習近平主席、ブロックチェーン導入「加速化させる」 | イノベーション促進の中核技術と強調

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版