ECBのクーレ理事、フェイスブック仮想通貨リブラの発行は「世界の規制当局の認可必要」

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事はフランスので開催されたG7首脳会議で、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」は世界の規制当局が認めない限りは発行されないだろうとの見解を示した。ロイターが18日に報じた

クーレ理事はリブラが消費者にとって安全性が確保されるべきであるとして、以下のように述べた。

「発行したその日からバグなどがなく安全で、攻撃耐性があるべきだ。徐々に改善されるというようなシステムであってはならない。機能するかしないかだ」

そのため、クーレ理事は消費者のプライバシーや所有権を保証するためにまだまだ議論が続くであろうと指摘した。

クーレ理事は、フェイスブックやその他のグローバル企業が仮想通貨の発行などへの参入することは、規制当局の間の隙間(ギャップ)をあらわにし、銀行セクターにおける技術革新の遅さを浮き彫りにしたと主張。今月初めに既存の金融規制当局に、対処を急ぐようを促している。

【関連記事:ECB幹部、フェイスブックの仮想通貨リブラ規制に向け「早急な対応を」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版