イーサのヴィタリク・ブテリン「中央集権型の仮想通貨取引所は地獄で焼かれてしまえ」

 イーサリアムの共同創業者ヴィタリク・ブテリン氏は、6日のテッククランチのインタビューで、中央集権型の仮想通貨取引所を非難し、「地獄で焼かれてしまうことを望む」と発言した。

 ブテリンは分散化について肯定的な姿勢を繰り返し、より良い分散型プラットフォームを開発することにより、仮想通貨コミュニティは「愚かな王を作るパワー」を中央集権型の仮想通貨取引所から取り除けると主張した。

「個人的に強く望むのは、中央集権型の仮想通貨取引所が可能な限り地獄で焼かれてしまうことだ」

 ブテリンは中央集権型のプラットフォームはどの仮想通貨が「ビッグ」になるかを決定るす力を持っていると非難。ブテリンによると、取引所は「1000万(約11億円)〜1500万ドルの上場手数料」を課すことにより、上場通貨を決めている。また、分散化の進展は、公開性と透明性というブロックチェーンの価値を満たすだろうと述べた。

 分散型取引所(DEX)は中央集権型とは異なり、ユーザーが仮想通貨と秘密鍵を保有するのを可能にする。しかし、DEXにも流動性の低さなどの欠点がある。

インタビューでブテリンは、イーサリアムの現在の分散化について優位性を示す例を挙げた。「もし誰かが銃口を人の頭に向け、ハードフォークのパッチを書くよう指示したとする。銃口を向けられた人は間違いなくそうするだろう。しかし、それをダウンロードし、アップデートを実行するのは比較的少数のユーザーに留まるだろう。これが分散化と呼ばれるものだ」。

 イーサリアムの分散化具合は、複数の専門家からは疑問の声も上がっている。マイニングプールに参加する人らが共謀する可能性があ理、ネットワークを操作するというものだ。

 現在、イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨で、時価総額は475億ドル(約5兆2500億円)となっている。