仮想通貨EOS企業のブロックワン、ブロックチェーン基盤のソーシャルメディアを発表

仮想通貨EOSの開発企業ブロックワン(Block.one)が1日、ブロックチェーン基盤のソーシャルメディア「ボイス」を発表した。コインテレグラフに共有されたプレスリリースの中で明らかにした。ソーシャルメディアと仮想通貨の領域で競争が激化している。

ボイスは、EOSのブロックチェーンを使って運営に透明性をもたらす。隠れたアルゴリズムや特定のコンテンツをごり押しするメカニズムをなくすという。ブロックワンのブラマーCEOは、伝統的なソーシャルメディアとの違いを次のように説明した。

「現在のソーシャルメディアプラットフォームは、利用者を使うようにデザインされているのが本当のところだ。ビジネスモデルを見てみよう。我々のコンテンツ、データ、我々の注目度。これらは全て価値あるものだ。しかし現在、利用者でなくプラットフォームがその見返りを受け取るようになっている

EOSは最近、大型ニュースが相次いでいる。

先月末、米国最大の仮想通貨取引所コインベースはEOSを上場させると発表した。また、ステーブルコインテザーもEOSとの提携を発表した。

【関連記事:米国仮想通貨取引所コインベース 、EOSのサポート開始|5月は60%超のプラス、イベント意識の可能性も
【関連記事:ステーブルコインのテザー、仮想通貨EOSと提携、年内にはビットコインのライトニングネットワークで発行計画も

一方、伝統的なソーシャルメディアからはフェイスブックが独自の仮想通貨「グローバルコイン」を開発していることが伝えられている。

【関連記事:フェイスブックCEO 仮想通貨の件でイングランド銀行総裁と面会、 2020年発行を目指す|コイン名も明らかに=英BBC報道

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版