中国政府幹部向けのデジタル通貨マニュアルが増刷|仮想通貨への関心高まりか【ニュース】

中国の政府関係者向けデジタル通貨マニュアルテキストが1月に第2刷の印刷が開始されたことがわかった。中国政府は仮想通貨を規制する姿勢を示しているが、政府内での関心は高まっているようだ。ブルームバーグが報じた

このマニュアルテキスト「デジタル通貨:幹部読本」は2019年11月に人民日報出版社が発売。200ページにわたって、デジタル通貨の基礎からグローバルファイナンスへの影響といった項目まで23の記事が書かれている。

書籍の表紙には「デジタル通貨は歴史の中で避けられない」と書かれている。

中国経済をカバーするイナン・チャオ氏はコインテレグラフに本の内容について以下のように説明した。

「デジタル通貨に関する政府や研究者によって、すでに公開されている記事を集めたもの。本の中身に新しい見解はない。役人がコンセプトを理解するための解説本だ」

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン