「仮想通貨は支払い手段として革新的」ドイツ銀行がレポート|ビットコインの価値保存機能に懐疑的【ニュース】

ドイツ銀行は、仮想通貨が支払いの領域に革新をもたらす可能性を秘めているとレポートの中で認めた

「世界でビットコインによる支払いはごく僅かにとどまっている」ものの、仮想通貨には「支払いスタンダードを変革するポテンシャルがある」と指摘。一部の人間は仮想通貨を金(ゴールド)のような資産クラスとみるべきと主張しているが、「仮想通貨は我々の支払いの仕方を変える革新的な新技術」と述べた。

「今後、もし新たな主流派の仮想通貨が思いがけなく登場しても驚かないかもしれない」

ビットコインはボラティリティ高すぎる

一方、ドイツ銀行はビットコインのボラティリティが高すぎるために「価値保存手段」として機能できないと述べた。

(出典:Deutsche Bank Research「ビットコインとボラティリティ」)

ドイツ銀行は、2017年のバブルの後にビットコインの価値が3分の2も減少したことや去年リブラの発表を受けて高騰したことを指摘してる。

【関連記事:2030年までにウォレットユーザー2億人|仮想通貨が現金に取って代わる=ドイツ銀行

【関連記事:「こんにちは、インフレさん」2020年の仮想通貨ビットコインとアーサー・ヘイズのお告げ【独自】

【関連記事:リップルCEO、2020年のIPOを示唆|仮想通貨ビットコインのデメリットも考察

【関連記事:「ビットコインが唯一の選択肢」英仮想通貨取引所コインフロア、イーサなど上場廃止へ

【関連記事:SBIやVISAが英カレンシークラウドに8000万ドル出資|企業間の国際送金を強化

【関連記事:ホテル予約サイトのトラバラ、仮想通貨ネム(XEM)のサポート開始