ダークネットの売上高、70%超のプラス ビットコインなど仮想通貨支払いで=チェイナリシス【ニュース】

仮想通貨で不法薬物やクレジットカード情報などを購入できるダークネットマーケットが2019年に大きく拡大した。ブロックチェーン追跡企業のチェイナリシスがレポートで発表した

(出典:Chainalysis「ダークネットマーケットの売上(棒)と仮想通貨の取引に占める割合(折れ線)」)

ダークネットマーケットの売上高は、2019年に7億9000万ドル(約860億円)分の仮想通貨を突破。前年比で70%のプラスで6億ドルを突破したのは初めてだという。

使用通貨は、ビットコインのほか、イーサ、USDT、ライトコインなど25種類が対象だ。

また、取引に占める仮想通貨の割合もわずかに増加。2018年の0.04%から0.08%のプラスだった。

ダークネットマーケットで50%以上のシェアを誇るのが、ヒドラ・マーケットプレース(Hydra Marketplace)。ロシア人の顧客のみが対象だという。他には、クレジットカード情報の売買が行われるジョーカーズ・スタッシュ・マーケット(Joker’s Stash Market)やUNICCなどが数%のシェアで乱立している。

【関連記事:中国で仮想通貨関連の資本流出が3年連続100億ドル以上|ダークネット の調査も=レポート

【関連記事:バイナンス、仮想通貨の匿名技術を使ったビットコイン利用者に警告|BTC返金も「再び使わないよう」約束させる

【関連記事:ロシア最大の闇サイト、ICOで150億円調達を計画 現地メディアは「出口詐欺」と警告 

 【関連記事:マカフィー氏「当局は、仮想通貨関連企業や取引所に犯罪抑止を期待すべきではない」

【関連記事:「テロリストや犯罪者が匿名通貨を使えば、追跡困難に」 ドイツ財務省がレポートで懸念  

 【関連記事:「仮想通貨は犯罪捜査を困難にしている」=国連薬物犯罪事務所のサイバー犯罪責任者