中国で仮想通貨関連の資本流出が3年連続100億ドル以上|ダークネット の調査も=レポート【ニュース】

ブロックチェーンセキュリティ企業のペックシールド(Pechshield)が8日に発表したレポートによると、2019年に中国から仮想通貨のキャピタルフライト(資本逃避)は約114億ドルだったことがわかった。

2017年1月、中国政府と中国人民銀行は国内の仮想通貨交換業務を禁止、一方で中国では店頭取引プラットフォームやオフショア取引所を介して仮想通貨にアクセスしている。今回のペックシールドは政府の規制によって資産を海外へ流出している取引が多くあることが示された。

資本流出

(出典:ペックシールド「2019年の中国の資本流出」)

2017年に中国から海外の仮想通貨の取引によって流れた資金は101億ドル、2018年に179億ドルと規制以降、毎年100億ドル以上の流出が起きている。ペックシールドは過去3年間の流出総額は中国の外貨準備高の1%に達するとしている。

ダークネットでの取引も増加

レポートでは資本フローに加えて、ダークネット市場でもビットコインの取引についても触れた。

ペックシールドはダークネット上に約6万のウェブサイトが稼働していると報告。2018年にダークネットに流入したビットコインが33万4329BTCだったのが、2019年は54万6825BTCに跳ね上がったという。