8000ドルに吸い寄せられたビットコイン、リブラは売り?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

8000ドルへ吸い寄せられる

昨日のBTC相場は軟調な推移。88-92万円のレンジを下抜け、オプションのストライクが集まる8000ドル前後に吸い寄せられた格好。先週末の200日移動平均線トライがダマしに終わると上値を重くしていたBTC相場だが、相次ぐリブラ協会からの脱退や米中貿易交渉の部分合意などネガティブな材料が続くも、88万円近辺では底堅さを見せていた。しかし、米株上昇に米金利上昇・ドル買い・金価格低下と市場は反応、BTCも88万円台に張り付く展開。韓国の利下げや中国での流動性供給、鴻海の郭会長が台湾でのリブラ受入れ発言などもあり、アジア時間は何とか持っていたが、海外時間に入り88万円を下回るとロングの投げもあり86万円近辺まで下落した。目立った材料も見当たらない中、8000ドルを大型ストライクの重力に引き寄せられた形。8000ドルを割り込むと、それまで売りだったガンマディールが買いに転じ若干値を戻している。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。