リスクオフで軟調なビットコイン、上昇基調に回帰できるか【仮想通貨相場】

著者 中村健太郎 (なかむらけんたろう)FXcoin 所属

大手総合商社で為替予約・ポジション管理、トレードファイナンス、バックオフィス等、幅広く財務関連業務の経験あり。海外(シンガポール)では、アジア・大洋州地域のコーポレートファイナンスに従事し、2019年10月より現職。

Review

リスクオフムード

昨日のBTC相場は軟調な展開。93万円から96万円台のレンジで推移していたBTC相場だが、昨日はシンガポールでも感染者が確認された新型コロナウィルスの感染拡大の影響で市場はリスクオフムード。最初の感染者が確認された武漢市に加え、周辺の複数都市でも駅や商業施設が封鎖されるなど、深刻感が広がり、米株が一時200超安となる中、BTCも連れ安で一時90万円台まで下落した。その後はWHOが緊急事態宣言を見送ったこともあってか、リスクオフ的な売りも一服し、92万円付近まで回復している。中央銀行が発行するCBDCを巡る動きは急速に活発になっている中、世界経済フォーラム(ダボス会議)では、CBDCに関するフレームワークが発表された。WEFはCBDC発行に関しては、支持も不支持もしないと表明しだが、各国の中央銀行にとってCBDC導入が適切かどうかを判断できるよう、手助けをするという姿勢を見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。