アルトコインが人気の分散型取引所が閉鎖|仮想通貨市況や規制が理由【ニュース】

分散型取引所(DEX)のクリプトブリッジが閉鎖を発表した

発表によると、12月15日以降にすべてのサービスとサーバーが停止する。12月3日まで預金を受け付ける。

クリプトブリッジは、全額引き出しにはEUの法律の規定でユーザー認証が必要となり、確認に数日かかることを注意喚起している。

閉鎖の理由については市況の変化や規制強化により開発に資金が虚級できず運用を継続できないと判断した。

分散型金融ビットシェアーズ上に作られたクリプトブリッジは、17年8月に開設。ステーキング報酬機能が実装されていたことからアルトコインのトレーダーから一時、人気があった。

10月には500以上のアルトコインを扱う仮想通貨取引所「コインエクスチェンジ」も閉鎖を発表した。

【関連記事:アルトコイン専門の仮想通貨取引所コインエクスチェンジが閉鎖へ 収益悪化で継続が困難に