香港証券取引所規制部門トップが仮想通貨取引所BitMEXの幹部に コンプライアンス体制強化

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)は、香港証券取引所の規制・コンプライアンス部門のトップ、アンジェリーナ・クワン氏をCOO(最高運営責任者)として迎え入れたことを発表した。

BitMEXは2014年に設立。毎日約2000億円の売買代金を誇る、仮想通貨トレーダーに人気の仮想通貨取引所だ。ビットコインの現物ではなく先物などのデリバティブ市場として知られる。

クワン氏は公認会計士で、これまでの三年間香港証券取引所で規制部門のトップを務めていた。またその前は証券先物事務監察委員会だった。BitMEXとしては、規制や証券等に詳しい人材を幹部として多く迎え入れ、コンプライアンス体制を強化したい考えだ。

同氏は「世界各国の規制当局との建設的な対話を通して仮想通貨産業における規制づくりを助ける」と意気込む。:

さらに、CMEグループとCBOEが昨年ビットコイン先物をリリースした事例を挙げ、規制当局が業界の発展に寄与することが可能だと語った。

また、クワン氏は政府公認の「女性委員会」のメンバーで、仮想通貨は女性にとって、「金融と技術が融合するところに参画する新たなチャンス」とした。