カナダの取引所QuadrigaCX 巨額仮想通貨にアクセスできず | 背景に創業者の死とコールドウォレットか

1日に債権者保護の申請をしたカナダの仮想通貨取引所QuadrigaCXが、1億9000万カナダドル(約158億円)分の仮想通貨にアクセスできない状態が続いているとカナダのThe Globe and Mailが1日に報じた。背景には創業者の死とその後のコールドウォレットへのアクセス不可が関わっているようだ。

QuadrigaCXはカナダの大手銀行と法的トラブルを起こしたり、ユーザーから資金が引き出せないなど苦情を受け続けた、突然「メンテナンスのため」サービスの停止。1日に、債権者保護ノヴァスコシア州立最高裁判所に申請したと発表した

記事によると、QuadrigaCXの創業者であるゲリー・コットン氏が昨年12月9日に死亡して以降、QuadrigaCXは約158億円分の資金にアクセスできない状態だという。現在QuadrigaCXは、37万5000カナダドル(約3100万円)を現金で所有しているのみで、ユーザーに対して2億6000万カナダドル(約216億円)の借金を負っているという。

今回、アクセス不能というレポートを書いたのは4大会計事務所の1つ、アーンスト・アンド・ヤング。QuadrigaCXはほとんどの資金をコールドウォレットで保管していたものの、創業者が死亡して以降、「コールドウォレットにアクセスできないか、コールドウォレットに仮想通貨が入っていたか確認できないかのうちの一つ、もしくは両方のケース」が考えられるという。

記事によると、創業者のコットン氏は、ほとんど自宅のPCで作業を行っていた。PCは暗号によりロックされている。コットン氏の妻は、「パスワードやリカバリーキーを知りません。何回も一生懸命探しましたが、どこにも書かれていませんでした」と法廷の宣誓供述書の中で述べたそうだ。

またコットン氏の妻によると、「彼女に対しても複数の脅迫がある」という。