郵便局で仮想通貨を現金化 クロアチアで試験プロジェクト始まる | ビットコインやイーサリアム、XRPなど

クロアチアの郵便サービス「クロアチアンポスト」は仮想通貨と法定通貨を交換できるサービス提供に向け、試験プロジェクトを実施している。7月24日に発表した。同国の仮想通貨仲介業者エレクトロコインと提携し、15日から一部の郵便局で実施されている。

同試験プロジェクトは、アドリア海に面したダルマチア地域の都市ザダルで実施する予定。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ステラ(XLM)XRPEOSを現地の郵便局で現金に交換することができる。

試験プロジェクトはザダルにある3か所の郵便局で実施して市場調査をする。将来的には全国的に同サービスを拡大する見込みとしている。

今回提携したエレクトロコインは、ザダルを拠点とし、5年前にビットコインの仲介業務を開始している。同社ウェブサイトによると、EU(欧州連合)全域にサービス展開しているという。

今年2月、リヒテンシュタインで郵便サービスを手がけるPost AG(ポストAG)が実店舗で仮想通貨交換サービスを開始する計画を発表。そして今月、同郵便サービス地域責任者が同プログラムは成功していると述べている。

また、オーストリアの郵便事業会社オーストリア・ポスト(Austrian Post)は、今年6月、ブロックチェーン技術を使ったコレクションアイテムの切手を発行した

【関連記事:郵便局でビットコイン購入 リヒテンシュタインで始まる

 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版